バイクの買取 査定は自宅で受けた方が良い7つの理由
スポンサーリンク

バイクの買取査定を依頼する場合に、実際にバイク店に持ち込んで査定を受ける方法と、自宅に査定員を呼んで買取額の査定を受ける方法(出張査定)があります。
どちらが良いか迷っているなら、出来るだけ自宅での査定(出張査定)を選ぶようにしてください。持ち込みに比べて自宅査定の方が多くのメリットが得られるからです。

スポンサーリンク

1自宅でバイクの買取査定は【高値が出やすい】

出張査定を依頼して自宅に買取査定員を呼ぶと、その記録は会社内に残ります。会社の記録に残ることで、買取査定の結果は査定員のノルマや評価の対象になるのです。査定員は出張してきている手前、買い取って帰るのが原則となります。買取交渉に失敗して手ぶらで帰るわけにはいきません。手ぶらで帰ったのでは、自分の評価に響きます。売り手が「売らない」というより、買い手が「買わない」と言う方が何倍も難しくなるのです。この状況は売り手にとって有利に働きます。
一方で、持ち込み査定では会社の記録に残らない可能性が有ります。査定も正式な査定員ではなく、持ち込んだ時に偶然居合わせたスタッフの対応となるかもしれません。そのスタッフが買取実績で評価されるスタッフではない可能性もあるのです。記録にも残らない、評価の対象でも無い状況では、買取側が「買わない」と言えてしまいます。交渉上の立場が平等となると、場数を踏んでいる業者の方が交渉を有利に運びやすくなるので、売り手にとって不利です。

2自宅でのバイクの買取査定は【手続きに困らない】

買取査定を受けて、バイクを売るときには幾つかの書類が必要となります。

主な必要書類
・ 車検証(250cc以下は軽自動車届出済証、125cc以下は標識交付書)
・ 自賠責保険証
・ 印鑑
・ 身分証明書

買取店舗まで出向いての手続きだと、これらを忘れた時に手続きを終えることが出来ません。自宅に査定員を呼んでの買取査定であれば、その心配は有りません。またこれら以外の書類が必要になったり、過去の記録を尋ねられたりすることが有るかもしれません。そのような場合でも自宅なら調べられます
さらにカスタムを行っている車両の場合には、外した純正パーツを買取査定に加えることで、査定額が上がりますが、自宅査定であれば、外されている純正パーツをわざわざ持って行く必要もありません

スポンサーリンク

3自宅でバイクの買取査定は【時間が節約できる】

自宅での買取査定は、予め決められた時間に査定員が来てくれます。自分で持ち込むのとは手間が全く違います。さらに天候の良し悪しに左右されることもありません。雨の時期にわざわざバイクに乗って持って行く必要もありません。さらに査定に要する時間も大きく変わる可能性があります。持ち込みでは、接客中などの理由で待たされることもありますが、自宅査定なら決まった時間に必ず査定を受けられるのです。

4自宅でバイクの買取査定は【価格を引き上げられる】

バイク買取の価格を最大限に上げたいなら、複数の業者を一度に呼んでその場で競り合わせるのが最も効果的ですが、この方法は自宅での買取査定でしか行えません

自宅でバイクの査定を受けるのが心配な女性の場合

自宅でバイクの買取査定を受けるうえで唯一心配なのは、自宅の住所を知られる事でしょう。女性の場合には特に心配に感じると思います。しかし持ち込み査定でも住所は知られてしまうのです。何故なら自賠責保険証や車検証など、バイク売却で必要となる書類の様々な場所に住所が書かれているからです。自宅での査定を行わなかったとしても、住所が知られることは防げません。
それでも心配な場合には、買取を大手企業1社か2社だけに依頼してください。間違っても一括査定は使わない事。そうすれば住所を明かさなければならない会社数を自分でコントロールしてリスクを減らせます。

5自宅でバイクの買取査定は【精神的に優位にたてる】

交渉の場は味方が多い方が有利です。たとえその方がバイクのことを何も知らないとしても、そばにいるだけで気持ちが落ち着いたり、動揺しにくくなったりします。例え交渉の場に同席しないとしても、同じ屋根の下に家族や友人が居るだけで、気持ちはかなり変わります。そのためにも自宅で買取査定を受けましょう。この方法は女性の場合には更に心強いはずです。

6自宅でバイクの買取査定は【帰宅方法を考えなくて良い】

持ち込み査定でバイクを引き渡した場合、ヘルメットを持って公共交通で帰宅するのは面倒です。潰れた髪型で移動するのも、少々気が引けるのではないでしょうか。

7自宅でバイクの買取査定は【クーリングオフが使える】

バイクの買取にはクーリングオフが使えます。いったん売ると決めて、バイクを引き渡しても、売った日から8日以内なら「やっぱりやめた」と言ってバイクを返してもらうことが出来ます。しかしこのクーリングオフが使えるのは、自宅でバイクを売った場合のみです。自分でバイクを持ち込んで売った場合にはクーリングオフは使えません。

バイクの買取査定は自宅で受けよう

如何でしたでしょうか。このように、買取査定は手間、価格、所要時間のどれをとっても自宅で受けるのがお得です。但し、自分に合った業者に声を掛けないと、なかなか思うように事が運びませんので、依頼先の選定には十分注意してください。こちらの記事にどのような売り方が最も良いかのヒントを記載していますので、参考とされてください。

 

バイクを売るなら、自分に合った売り方で

バイクを売る先は「バイク販売店」「バイク買取専門店」「一括査定サイト」「専門オークション」「個人売買」など実に多くありますが、買取をどこに依頼するかで、買取の値段、かかる手間、要する時間、懸念されるリスクなど、全てが変わります先ずは自分に合った買取先を見つけましょう。それが満足できるバイク売却の第一歩です。

Twitterでフォローしよう

その他のヒント