バイクを代理で売る時に必要なもの
スポンサーリンク

バイクを代理で売るのは、かなり手間がかかると感じるでしょうが、実は違います。確かに手間は増えるのですが、ほんの少しの手間です。

但し、1つだけ重要な確認点があります。この確認を誤ると代理でバイクを売ることが出来なくなるので注意してください。

スポンサーリンク

先ずはバイクの「所有者」を確認、「使用者」ではない

最も重要な確認とは、バイクの所有者の確認です。所有者とはバイクを保管している人でも乗っている人でもありません。そのバイクの所有権を有している人です。

法律上ではバイクを使っている人を「使用者」、持ち主を「所有者」として分けて考えています。特に次のような場合には持ち主と所有者が違う可能性があります。

 

  • バイクをローンで買った場合にはバイク販売店かローン会社が所有者になっています。
  • 家族がお金を出して買ったバイクはお金を出した家族が所有者になっている可能性があります。
  • バイクを譲り受けた場合、稀にですが名義変更が完了してなく、以前の方が所有者として残っていることがあります。

 

バイクの所有者が誰であるかは、車検証などの書類で簡単に確認が出来ます。これらの書類は、バイクのシートの下などの収納スペースに入っているのが一般的です。

バイクの排気量により書類が違うので、排気量別にご案内します。

50cc~125ccのバイクなら 「標識交付証明書」のここ
標識交付証明書の所有者記入欄

 

125cc~250ccなら 「軽自動車届出済証」のここ
軽自動車届済証の所有者記入欄

250cc以上なら 「自動車検査証」のここ

自動車検査証(車検証)の所有者記入欄

廃車されている場合には、書類が変わります。

  • 原付(125cc未満)の場合 : 廃車申告受付書(廃車証明書)
  • 125cc~250ccの場合 : 軽自動車届出済証返納済確認書か軽自動車届出済証返納証明書
  • 250cc~の場合 : 自動車検査証返納証明書

 

何れも廃車の手続きを行った際に入手できる書類です。

どの書類にも所有者の記載欄がありますので、そこに書かれている方を確認してください。

もし何れの書類も無い場合には所有者の確認が行えず、バイクを売ることが難しくなります。

所有者の確認が取れないバイクの売買が出来てしまうと、盗難バイクの販売すら可能になってしまうからです。

このような場合には、バイク買取店への相談をお勧めします。

買取専門店は、陸運局などの役所を通じて、過去の所有者を確認する術を知っています。役所の記録は古くなると処分されてしまうので、必ず確認できるわけではありませんが、相談する価値は十分あります。

代理でバイクを売る際に必要なもの

先ずは所有者が誰であってもバイクを売るなら必ず必要となるものを記します。

1.所有者が確認できる書類

250ccを超えるバイクなら車検証(廃車済みなら自動車検査証返納証明書)
125ccを超えて250cc以下のバイクなら軽自動車届出済証(廃車済みなら軽自動車届出済証返納確認書)
125cc以下のバイクなら標識交付書(廃車済みなら廃車証明書)

2.自賠責保険証(加入中の場合)

3.代理で売る人の印鑑(認印で良い。但しシャチハタ印は業者に確認が必要)

4.代理で売る人の身分証明書(写真入り住基カード/運転免許証/保険証/パスポート のいずれか)

5.親権者の同意書(未成年がバイクを売る場合のみ必要)

 

スポンサーリンク

代理でバイクを売るときに追加で必要なもの

持ち主がローン会社や販売店などではなく、家族や以前の使用者である場合には、その方の「許可」を得る必要があります。

この許可を得ないで売ると、他人の物を勝手に処分した「犯罪」と扱われます

 

家族が所有者である場合

追加で必要なもの :

所有者からの委任状
所有者の身分証明書の写し

所有者である家族の委任状(原本)と身分証明書(免許証・パスポートなど)の写しを得て下さい。この2つが有れば、家族の代理で手続きを行ってることになるので、バイクを売ることが出来ます。

バイクと家族が違う場所にいても支障ありません。委任状のサンプルを掲載しておきます。ただし買取店によっては独自の書式を定めている場合がありますので、書類を作成する前に買取店に確認を行ってください。

以前の持ち主が所有者として残っている場合

以前の所有者が記録に残っている場合には、その持ち主と連絡が取れるかどうかで手続きが変わります

追加で必要なもの:

以前の持ち主と連絡が付く場合

譲渡証明書
身分証明書の写し

以前の持ち主と連絡が付かない場合

買取店に相談が必要

以前の持ち主と連絡が取れる場合には、その方から署名入りの譲渡証明書(原本)と身分証明書のコピーを受け取ってください。そうすれば問題なく売ることが出来ます。

譲渡証明書のサンプルも載せておきますが、上記の委任状と同じく、買取店指定書式がある場合にはそちらを優先させてください。

 

以前の持ち主と連絡が取れない場合や、譲渡証明書を作成してもらえない場合は少々厄介です。相手の協力を得ずに無理やり手続きを行うと、盗難車を売るのと同じ手続きになってしまうのです。

このような場合には、バイク買取店への相談をお勧めします。

買い取れないと言ってくる会社や、手数料がかかるという会社など、買取の可否や条件は買取店によって変わります。様々な返答を得るでしょうが、1社で断られても諦めずに他の会社をあたってみて下さい。

 

手続きは専門家に協力してもらおう

如何でしたでしょうか。代理でバイクを売るときに必要なものは、普段は聞き慣れない書類が多いのが特徴です。

もしも、あなたがこれらの書類の準備を面倒と感じるなら、バイク買取専門店に買取を依頼して、その指示従って手続きを行うことをお勧めします。

バイク買取専門店であれば、必要最低限の書類で手続きを行ってくれるだけでなく、一部の書類の作成や入手代行も行えるからです。

バイクを売るなら、自分に合った売り方で

バイクを売る先は「バイク販売店」「バイク買取専門店」「一括査定サイト」「専門オークション」「個人売買」など実に多くありますが、買取をどこに依頼するかで、買取の値段、かかる手間、要する時間、懸念されるリスクなど、全てが変わります先ずは自分に合った買取先を見つけましょう。それが満足できるバイク売却の第一歩です。

Twitterでフォローしよう

その他のヒント