査定金額はこう使う バイクのネット査定とオンライン査定 
スポンサーリンク

「バイクを売ろうかな?」と思った時、まだ売るとは決めていない段階でネット査定やオンライン査定を使う方が多いと思います。そして出された金額を見て「こんなに高く買ってもらえるなら」と見積価格に後押しされて売却手続きを開始する方も多いのではないでしょうか。何気なく行うオンライン査定ですが、その見積もり価格、本当に信じていいのでしょうか?

スポンサーリンク

オンライン査定額はピッカピッカが条件

オンライン査定額が幾らであろうと、実際のバイク買取価格は査定員が算定します。査定額はバイクの程度により変わるのですが、「程度」は大まかにいうと次のように分けられています。

年式が新しく、新車と見間違う

年式が新しく殆ど新車に見えるが、よく見ると使用感がある

数年古い年式だが、メインテナンスがキチンと行われていてサビなどがない

年式は古いがメインテナンスがキチンと行われていてサビなどが少ない

見るからに中古、メッキの腐食やサビが出てきている

サビや傷が随所にあり、大切にされていないのが一目でわかる

不動車・事故車などで、そのままでは走らない

貴方のバイクはどの状態でしょうか?

因みにオンラインで出される金額の多くは「新車と見間違う」か「殆ど新車に見えるが、よく見ると使用感がある」程度を前提に出されています。もしあなたのバイクも同じような状態なら、オンライン査定と似た金額での買取が期待できます。それ以外の状態なら査定額は下がります。
その下がり方なのですが、このようには下がりません。

このように下がります。

これは買手(次のオーナー)の心理を考えれば分かると思います。少しでもキズが有ると、そのバイクを買いたいという気持ちは急激に冷めるものです。

査定員がチェックすること

バイクの程度を見極めるために、査定員は様々な項目をチェックします。何れもオンライン査定では確認できない事項ですので、オンライン見積もり額には反映されていません。

 フ  レ  ー  ム歪みやキズが無い
 エ  ン  ジ  ン異音が無い キズサビオイル漏れが無い 吹け上りが良い
   外       装    キズ、へこみ、色褪せなどが無い
フロント周りねじれやひずみが無い キズ、オイル漏れが無い
リ  ア  周  り ねじれやひずみが無い キズ、オイル漏れが無い
  タ   イ   ヤ  溝が十分残っている ひび割れが無い
  カ ス タ ム  ノーマルに近い状態か、ノーマルに戻せる

これらの項目の中で一つ問題点が有る毎に価格が下がるのですが、下がり方は不具合の場所と程度により異なります。ある程度予想されているタイヤの劣化などは大きな減額要因とはなりませんが、フレームやエンジンの不具合は修理が難しいため、問題が有ると価格が一気に下がります。最悪の場合には買取出来ないという結果になることもあります。

減点項目を少しでも減らすには?

査定での減点項目が自分で確認出来たら、すこしでも修復し、買取価格を上げたいと思うのは当然ですし、出来れば行うべきです。ですが修理、補修を行うのは一旦考えた方が良いでしょう。修理を行えば、買取価格は上がりますが修理費用の方が高くついてしまうことが往々にしてあります。また、素人修理の結果、かえって状態を悪くしてしまっては元も子もありません。

ですが清掃や注油は行ってください。バイクがほこりをかぶっていたり、チェーンがサビたりしていては、「このバイクはどっちみち要らないのだから、安くても売るよ」と宣言しているようなものです。そのような状態のバイクに対して、査定員は1ランク下の価格を提示してきます。交渉の出発点が1ランク下になってしまっては、いくら交渉しても、本来の価格に戻すのがやっとでしょう。

スポンサーリンク

オンライン査定額の使い道

この記事を読んだ方は「ではオンライン査定を行う意味は無いの?」と思われるかもしれませんが、決してそのようなことはありません。むしろオンライン査定必須です。自分のバイクが売れる額を予想したうえで価格交渉を行わないと、価格は下がる一方です。

また、最高値を知っておくことも交渉上は大変重要です。最高値が分かっていなければ、交渉の着地点も見えません。最高値以上の要求をしてしまっては、交渉が決裂する可能性があるからです。交渉相手がへそを曲げて返ってしまっては何も得られません。

 

バイクを売るなら、自分に合った売り方で

バイクを売る先は「バイク販売店」「バイク買取専門店」「一括査定サイト」「専門オークション」「個人売買」など実に多くありますが、買取をどこに依頼するかで、買取の値段、かかる手間、要する時間、懸念されるリスクなど、全てが変わります先ずは自分に合った買取先を見つけましょう。それが満足できるバイク売却の第一歩です。

Twitterでフォローしよう

その他のヒント