バイク買取には【雨の日サービス】が隠されている?!
スポンサーリンク

バイクの買取査定で査定員との交渉をうまく運べば、高値を出させることが出来ます。ではどうすれば高値を出させられるのでしょう。実は査定員には「高値を出してでも買い取りたい日」があります。その日を知っていれば交渉で優位に立てます。

スポンサーリンク

査定員の頭の中を覗いてみる

あなたとの交渉の最中にバイク買取査定員の頭の中ではこのような計算が行われます。

買取価格=バイクの再販価格 -(整備費+利益)

図にするとこのようになります。

バイク買取査定員の思考内容(バイク買取金額の算出方法)

実に多くの要素を計算しているように見えますが、実は査定員が決められる個所はあまりありません。査定員は整備費や次のお客様の購入価格を調整することは出来ないのです。査定員が決められるのは利益だけです。つまり買取額の交渉とは買取会社の利益をどれだけ削らせるかにかかっているのです。

では、バイク買取の査定員が利益を削ってでも買い取りたくなる状況とは、どのような状況でしょうか?

バイク買取査定員にはノルマが有る

バイクの個人売買でもない限り、バイク買取の査定員は会社員です。サラリーマンなのです。殆どのサラリーマンと同様に、彼らにも年間・月間で買取すべき目標台数が課せられています
目標を達成するためには、ある程度の数をこなさなければなりません。
買取見積もりの依頼は土日に集中しますから、査定員の成績は土日に何台買取れるかにかかっていると言って良いでしょう。査定員にとって土日は書き入れ時なのです。

スポンサーリンク

バイク買取は「人が売りたくない日に売る」のがコツ

買取査定の依頼は週末に集中します。そのためバイク買取査定員は土日にある程度の台数を稼ごうと考えています。しかし思うように依頼が入らない週末があるのです。依頼が入りにくい週末には買取台数を思ったように伸ばす事が出来ません。当然、1つの依頼に対する力の入れようが変わってきます

梅雨、秋の長雨、台風の時期にバイクを売る

最も依頼が入りにくい時期は天気の悪い時期です。天気の悪い梅雨や秋雨、台風の時期などに屋外でバイク査定に立ち会いたいと考える人はあまりいません。或いは「雨の日に査定させては可哀そうだ」と考え、この時期を外す方もいるかもしれません。しかし販売員にとっては依頼が無いことが何よりも辛いのです。梅雨、秋の長雨、台風の時期の査定依頼は、買取査定員に取って「絶対に逃せない一件」になる可能性が高いのです。

お盆の前後、ゴールデンウィーク、年末年始にバイクを売る

お盆の前後、ゴールデンウィーク、年末年始なども買取台数を積み上げる事が難しい時期です。多くの人が外出したり、他のことで忙しかったりするので、依頼件数が増えないのです。当然、買取依頼数が減るほど販売員にとって一件一件の重みは増します

数字に追われる決算時期はバイクの買取意欲も活発!

買取査定員も会社員ですから、四半期目標や年間での目標値を課せられています。目標値を達成できるかどうかでボーナスや給与の額、或いは昇進まで影響するのですから、査定員にとっては絶対に達成したい数字です。そのため、四半期の締め日直前や年末決算の時期は買取意欲が高まります
3月末決算の会社なら 6月末 9月末 12月末が四半期決算、3月末が年次決算ですから、この直前は利益を削ってでも買い取り台数を増やし、目標を達成したい査定員が多くなります。(但し、バイク王の決算は11月末なので、四半期末が2月末 5月末 8月末となり年次決算は11月末です)

バイクを売る日を狙い過ぎて先延ばしにすると逆効果

このように買取査定員が買い取りたい時期に売ることで、価格交渉で優位に立つことが出来ます。同じ食べ物を売るなら、満腹の人よりお腹を空かした人に売った方が高値で売れるのは当然でしょう。
ですが、日にちを狙い過ぎて買取査定を受ける日を先延ばすのは逆効果です。バイクの買取価格は日毎に下がっていきます。特に売りたいバイクの新型車が出ると、買取価格が一気に下がる可能性が高くなります。稀に製造中止が発表され、価格が高騰する車種もありますが、殆どの場合は買取日を先延ばしにすればするほど、価格は下がると考えて良いでしょう。

バイク売却はターゲットを絞って短期決戦

最後に高値が引き出しやすい日に売るためのスケジューリングを考えてみます。日程はこのように考えると良いでしょう。

すぐに実行

・バイクの状態を確認

洗車は必要?書類は有る?エンジンはかかる?キーは有る?

・パーツなど、一緒に売りたいものを確認
・バイク買取会社に査定日を依頼

査定前日までに
・洗車、必要なメインテナンス
・査定会社に指示された必要者類の準備

このように進めれば、売る準備を開始してから実際に査定を受けるまで、1~2週間で実行できます。今から1~2週間後に決算月、雨の時期、大型連休などが来るなら、すぐ準備を開始してください。

もしそれらの日が来るまでに余裕がある場合でも、準備は早めに開始した方が良いでしょう。思い立った時に着手しないと知らぬ間に日にちが過ぎ、バイクの買取価格は値崩れを起こしていきます

買取査定員が置かれている状況を想像して、上手に交渉を進めて下さい。

バイクを売るなら、自分に合った売り方で

バイクを売る先は「バイク販売店」「バイク買取専門店」「一括査定サイト」「専門オークション」「個人売買」など実に多くありますが、買取をどこに依頼するかで、買取の値段、かかる手間、要する時間、懸念されるリスクなど、全てが変わります先ずは自分に合った買取先を見つけましょう。それが満足できるバイク売却の第一歩です。

Twitterでフォローしよう

その他のヒント