バイクは誰でも無料で処分出来るって知ってた?
スポンサーリンク

バイクの処分の最終案をご紹介します。

実は現在売られているバイクの殆どには予め処分費が上乗せされています。そのため無償処分が可能です。

但し無償となるのは処分費用であって、処分施設までの搬送費などは含まれません。

しかし、処分業者などに処分を依頼すると数万円の処分費を請求されることもありますし、「処分費は実は無償」ということを知っておくだけで、高額な処分費を求められても確固たる態度で対応することが出来るでしょうから、この仕組みを知っておいて損は有りません。

スポンサーリンク

処分費がタダになるバイク

以下のメーカーが日本国内で販売したバイクが対象です。並行輸入バイクは対象とならないので注意してください。(正規輸入車両は引き取り対象です)

自動車リサイクル促進センター加入済みバイクメーカー一覧

2018年9月現在

ハーレーが入っていないのは驚きです。念のためこちらのサイトで最新情報をご確認ください。

処分費がタダとなるバイクの条件

処分費をタダにするには次の2つを満たさなければなりません。

  • 指定の処分場に持ち込むこと
  • 持ち込まれた際に廃車手続きが済んでいること

また、バラバラに分解されている、車輪が無い等の状態では引き取ってくれない場合があります。

バイクが動くかどうかは関係ありません。要は破棄手続きの際に係員が車両を押して容易に移動できる状態にして下さいということですね。

スポンサーリンク

どうしてもタダにならない部分

引き取り場までの輸送費はタダにはなりません。

勿論自分で持って行けばお金はかかりませんが、持ち込み時には廃車済みでなければならないので、バイクに乗って持って行くことは出来ませんから、何らかの工夫が必要です。

廃棄センターの数は決して多くは有りませんので、バイクを押していける方は多くないと思います。近くに会ったらラッキーです。

センターの場所はこちらで確認できます。

廃棄センターまでの輸送を頼みたいなら

廃棄センターへの輸送が難しい場合には、廃棄を扱っているバイク店に搬送を依頼することも出来ます

この搬送は有償ですが、バイク店に依頼すれば廃車手続きも同時に行ってくれますから、相談する価値は十分にあります。

また廃棄を扱うバイク店は全国に5,500店ほどありますので、近所で見つけるのも難しくは無いでしょう。

廃棄手続きを受けてくれるバイク店は、こちらから探せます。

それでもバイクをタダで手放したいなら

それでもバイクをタダで手放したいなら、バイク買取を依頼しましょう。

タダで引き取ってくれる可能性はかなり高いですし、運がよければ逆に買い取り代金を得られるかもしれません。また廃車手続きなども代行してもらえます。

バイク買取には様々な形態が有り、誤った選択をすると多くの業者から連絡が入ってしまったり、必要以上に買いたたかれたりします。

バイク買取会社の選択は「どのように売りたいか」によって目星を付けることが大切です。

こちらのページで、売り方に合ったバイク買取会社名を具体的に挙げていますので参考にされてください。

バイクを売るなら、自分に合った売り方で

バイクを売る先は「バイク販売店」「バイク買取専門店」「一括査定サイト」「専門オークション」「個人売買」など実に多くありますが、買取をどこに依頼するかで、買取の値段、かかる手間、要する時間、懸念されるリスクなど、全てが変わります先ずは自分に合った買取先を見つけましょう。それが満足できるバイク売却の第一歩です。

Twitterでフォローしよう

その他のヒント