バイク保険を使うと保険料が上がる その原因は【カウント事故】
スポンサーリンク

バイク保険を使うと、翌年からの保険料が上がると言われますが、必ず上がるわけではありません。

バイク保険を使った時に、保険料が上がるのはカウント事故の場合だけです。それ以外は上がりません。

カウント事故とは保険に関する用語で、等級に影響を与える事故のことです。多くの方は交通事故を何度も起こしたり、交通違反を繰り返すような危険ライダーの方が保険料が高くなると考えているでしょうが、実は違います。

事故や違反がいくら多くても、保険料にはあまり関係が有りません。保険料に関係が有るのは、今までにカウント事故を原因として、保険金を受け取った回数です。

スポンサーリンク

保険の等級とは「お得意様ランキング」である⁉

保険には等級と言う考えが有ります。これは保険会社から見た優良顧客ランキングです。

保険料を払っていても、保険金の受け取りを受けていない期間が長いほど等級は上がり、保険料が下がります。たとえ事故を起こしても、保険請求を行わなければ等級への影響はありません。

しかし、保険料の請求には等級に影響を与えないものが有ります。たとえ保険金を請求しても等級に影響しない項目です。

保険請求にはカウント事故とノーカウント事故の2種類ある

このように保険請求には等級に影響を与える請求と与えない請求があり、影響を与える請求をカウント事故、与えない請求をノーカウント事故と言います。

カウント事故により保険金を請求した場合、通常は翌年からの等級が3つ下がります。

等級が下がった後に、再度未請求を継続すれば、等級は再度上がりますが、毎年1つずつしか上がりませんので、現在と同じ等級に戻るまでに3年かかることになります。

少額の保険金しか期待できない事故で保険を請求してしまうと、支払われる保険金よりも保険料の増額分の方が高くなることが有りますので、注意が必要です。

スポンサーリンク

どんな事故がカウント事故?

等級に影響が有る、すなわち保険金を貰うと翌年から保険料が上がっていしまうカウント事故とは、相手に賠償金を払う事故です。

相手にケガをさせた、他人の物を壊したというような事柄について保険を使うと、翌年から保険料が上がります。

自損事故で他人の物は何も壊していないとか、逆に事故の相手が100%悪い事故(追突など)は「ノーカウント事故」として、等級が下がることが無く、保険料が上がることもありません。

バイクを売るなら、自分に合った売り方で

バイクを売る先は「バイク販売店」「バイク買取専門店」「一括査定サイト」「専門オークション」「個人売買」など実に多くありますが、買取をどこに依頼するかで、買取の値段、かかる手間、要する時間、懸念されるリスクなど、全てが変わります先ずは自分に合った買取先を見つけましょう。それが満足できるバイク売却の第一歩です。

Twitterでフォローしよう

その他のヒント