君はカウルに何を求めるのか?
スポンサーリンク

カウルはバイクにとって2つの大きな意味を持ちます。

ルックスと走行時の快適性です。

スポンサーリンク

デザインとしてのカウル

先ずは見た目への効果です。同じバイクでもカウルの有無により、ルックスが大きく変わります。

 

Triumph THRUXTON 1200 カウル無し

Triumph THRUXTON 1200 カウルあり

出典 : Triumph Motorcycles Limited

どちらを好むかは人それぞれですが、どちらを選んだとしても、「逆の選択はあり得ない」という気持ちになるほど、好みが分かれる部分です。

走行性能としてのカウル

もう一つは走行時の快適性。市街地を走っている際にはカウルの有無は大きな差とはなりませんが、信号が少ないエリアや高速道路を走るときは、カウルの有無で快適性が全く異なります。

上記のようなデザイン性の高いカウルの場合には、この効果は限定的ですが、きちんとしたカウル(?)の場合には差が明確に出ます。

まずは空気抵抗ですが、カウルが無いと空気に正面からぶつかるような抵抗を感じるはずです。一方でカウルが有ると空気を切り裂くような抵抗になります。

KAWASAKI Ninja H2 SX SE

出典 : カワサキモータースジャパン

この効果はカウルが大きいほど増します。

また高速道路の雨天の際には、カウルは更に絶大な威力を発揮します。

カウルが無いと正面からホースで水を掛けられているように感じますが、カウルが付いていると、高速巡行をしている限りはライダーは殆ど濡れません。

YAMAHA FJR1300

出典 : Yamaha Motor Co., Ltd.

カウルによる快適性の向上は、基本的に見た目通りの効果を発揮します。大きければ大きいほど、快適性は上がります。頻繁に高速道路を走る多い方は、必須の装備と言って良いでしょう。

スポンサーリンク

カウルは傷みやすい

カウルはその材質がプラスチック系の物が殆どであること、表面積が大きいこと、そして何よりもバイクを覆っているために、経年劣化が目立ちやすい部品です。

ともすると売却の際には手直しをして見た目を良くしようと試みがちですが、実施してもあまり効果は有りません。カウルの補修は業者であれば簡単に行えてしまいますので、査定時のマイナス条件にはなり難いのです。

カウルの割れなどの大きな破損ば、マイナス査定要素となります。しかし自分で修理しても修理費の方が高く付いてしまう可能性もありますので、やはりあまり手を加えずに査定に臨んだ方が良いでしょう。

バイクを売るなら、自分に合った売り方で

バイクを売る先は「バイク販売店」「バイク買取専門店」「一括査定サイト」「専門オークション」「個人売買」など実に多くありますが、買取をどこに依頼するかで、買取の値段、かかる手間、要する時間、懸念されるリスクなど、全てが変わります先ずは自分に合った買取先を見つけましょう。それが満足できるバイク売却の第一歩です。

Twitterでフォローしよう

その他のヒント