ローンが残ってるバイクを売る方法
スポンサーリンク

ローンが残っているバイクでも、ちゃんと売れます。ただし、ローンが残っているバイクを売る方法は1つではありません

少し難しい表現ですが、ローンが残っているバイクはお金の世界では「価値ある担保」と考えられます。そのため、あたかもバイクをお金のように考えて、様々な手段が組めるのです。

専門的な用語は使わずに、出来るだけ簡単に、図を使ってご説明します。

スポンサーリンク

ローンで買ったバイクは、あなたの物ではない?!

ローンが残っているバイクを売るなら、売る前にローン全額を一括で返すのが基本です。何故ならばローンで買ったバイクはローン会社の物だからです。

家のローンでも車のローンでも同じですが、もしローンの返済が滞った場合には、ローン会社はその家、車、バイクをあなたから取り上げ、それを転売することで返されなかった金額を穴埋めします。

この手続きが出来るように、ローンの対象となった家や車、バイクにはお金を貸した会社が「担保」や「抵当権」という権利を付けています。

あなたがローンでバイクを買ったなら、バイクの所有者はあなたではなくローン会社かバイクの販売店になっています。つまりそのバイクはあなたの物ではなく、ローン会社やバイク販売店の物なのです。ローンを全て返して初めて、あなたのバイクとなるのです。

バイクの所有者が誰であるのかは、車検証などで確認が取れます。殆どの場合、確認が取れる書類はバイクのシートの下や、荷物入れなどに保管されているので、内容を確認してみて下さい。

50cc~125ccのバイクなら 「標識交付証明書」のここに記載
標識交付証明書の所有者欄

 

125cc~250ccなら 「軽自動車届出済証」のここに記載
軽自動車届済証の所有者記載欄

250cc以上なら 「自動車検査証」のここに記載

自動車検査証(車検証)の所有者記載欄

 

ローンは全額一括返済が基本だけど、お金で返さなくてもよい

ローンで買ったバイクを売るためには、先ずはそのバイクをあなたのバイクにしなければなりません。あなたのバイクにするにはローンを全額一括で返さなければいけません。

あなたは、「そんなお金が有ったらバイク売らないよ」と感じるでしょう。ですが、ローンの一括返済は必ずしもお金で返さなくても良いのです。

もともと担保となっているバイクをお金の代わりに使うことで、ローンの残金を減らせるのです。

一括返済が難しい場合や、バイクを買い替える場合には是非この考え方を検討に加えて下さい。バイクをお金の代わりに使うという発想を持つと、色々な返し方が出来るようになります

但しローン会社に直接バイクを渡すことは出来ません。ローン会社はバイクをお金に変える機能を持っていないからです。

また、バイクの価値を計る方法がバイク買取店とは全く違ってしまう為に、バイクの価値が低く見積もられます。

ローンの返金にバイクを充てる場合には、バイクをお金に変える機能を持った、バイク買取専門店を使います

スポンサーリンク

ローンが残っているバイクを使ってローンを完済する

バイク買取専門店なら儲けが出ることも!

あなたのバイクの価値が、ローンの残額より高い場合にはこのような方法が使えます。
バイク売却価値がローンの残額より高い場合に買取店がローン返済を行う仕組み

ローンが70残ったバイクの買取価格が100であったとします。

あなたはバイクを買取店に渡します。その後買取店はローン会社に残金70を払い、残った30をあなたに払います。

この方法は、ローン会社では絶対に出来ません。ローン会社が査定するバイクの価値は、年度と共に減っていく「減価償却」という考え方がもとになっているので、価値が上がることが無いのです。

一方でバイク店が算定する価値は、そのバイクが幾らで売れるかに基づいて出されるので、プレミア車などは価値が上がるのです。

バイクとお金を合わせてローンの返済に充てる

バイクに期待通りの値が付かなかった場合を考えてみます。

あなたのバイクの価値がローンの残債よりも低い場合でも、バイクを使った返済は可能です。バイクを買取会社に渡すと共に、一括返済に不足する金額も渡すのです。

バイク買取価値がローンの残債よりも低い場合に買取価格を残債返済に充てる仕組み

ローンの残金が100あるのに、あなたのバイクに70しか値が付かなかった場合、あなたはバイクと一緒に、差額の30を買取会社に渡します。

買取会社は受け取ったバイクの価値70と、金額30を足した100をローン会社に払うことで、ローンを完済します。

この方法を採ると、本来は100返さないといけなかったのに、返す額は30で済みます。ローンの一括返済に必要な現金の額を減らすことが出来るのです

バイクを乗り換えるなら、さらに多くの方法がある

古いローンと新しいローンを組み合わせる

バイクを乗り換える場合には更に使える方法が増えます。

新しいバイクのローンに、古いバイクのローンを加えてしまうのです。その手順ですが、先ずはローンの返済を行います。
バイク売却額がローン残債より少ない場合に、新規購入バイクのローンに転嫁する仕組み その1

先ずはこのようにローンを返済します。バイク買取店がローンの不足分30を負担していることに注目してください。
その上で、新しいバイクの値段に買取店が負担した30を上乗せして新しいローンを組むのです。
バイク売却額がローン残債より少ない場合に、新規購入バイクのローンに転嫁する仕組み その2
但しこの方法は古いバイクを売る店と、新しいバイクを買う店が同じでないと行えません。また、ローンの審査が下りることが条件となります。

これは最後の手段 私はお勧めしませんが…

最後はローンを組み替えるパターンです。バイクを使っても返しきれない分を新しいローンにしてしまう方法です。かなり荒っぽい方法です。

バイク売却額がローン残債より少ない場合に、残債を新しいローンとする仕組み その1

最初の手順は買い替えの場合と同じなのですが、買取店が負担した30が新しいローンになります
バイク売却額がローン残債より少ない場合に、残債を新しいローンとする仕組み その2

こうすることで、一括返済を分割返済に変更することが出来ます。

しかし私はこの方法をお勧めしません。

以前のローンはバイクと言う担保がありましたが、新しく契約するローンは担保が無い「無担保ローン」です。

ローン会社は無担保のリスクを金利に織り込みますので、利息は借り換えの前よりも高くなります。あなたの月々の返済額も総返済額も間違いなく増えるのです。

また、ローン会社にとってもリスクの大きな組み換えなので、ローンの審査が下りない場合もあります。

先ずはあなたのバイクの価値を知ろう

如何でしょうか。ローンを返金する時にお金ではなくバイクを使うという発想を持つと、かなりいろいろな方法が有ります。

どの方法を取るにしても先ずはあなたのバイクの価値を知らなければなりません。先ずは買取額の見積もりを取ってみてはいかがでしょうか。

バイクを売るなら、自分に合った売り方で

バイクを売る先は「バイク販売店」「バイク買取専門店」「一括査定サイト」「専門オークション」「個人売買」など実に多くありますが、買取をどこに依頼するかで、買取の値段、かかる手間、要する時間、懸念されるリスクなど、全てが変わります先ずは自分に合った買取先を見つけましょう。それが満足できるバイク売却の第一歩です。

Twitterでフォローしよう

その他のヒント