バイクの自賠責保険の変更手続き(乗り換え、譲渡、転居、結婚)
スポンサーリンク

自賠責保険に加入した後に行える手続きには以下のようなものがあります。

バイクの持ち主が変わった場合(名義の変更)
バイクを乗り換えた場合(車両の入替)
結婚した場合(加入者名の変更)
引っ越した場合(住所の変更)
ナンバーだけが変更された場合(登録番号の変更)

各々について、手続き方法をご紹介します。解約については「自賠責保険の解約手続き」を参照してください。

スポンサーリンク

名義を変える(譲渡や売買で持ち主が変わった)

バイクの持ち主が変わった場合には変更の手続きが必要です。これを名義変更と言います。この手続きを行わないと、前の持ち主に保険更新案内が届いてしまったり、自分の任意保険契約が滞ったりするので、必ず手続きをしなければいけません。

1窓口を確認する

自賠責保険の変更手続きは、加入手続きを行った保険代理店ではなく、保険会社に直接依頼します。バイク販売店やネットでは手続きを行えませんので注意してください。保険会社は自賠責保険証に記載されています。連絡先も証券に記載されていますが、こちらから確認することも可能です。

2必要書類をそろえる

基本となる書類は以下の通りですが、保険会社により違いがありますので、事前に確認されてください。
また手続きに必要となる「自賠責保険(共済)承認請求書」は保険会社より入手する必要がありますので、この点も併せて確認(請求)すると良いでしょう。

バイクを受け取った方が手続する場合

(1)自賠責保険(共済)承認請求書(譲渡する人、譲渡される人双方の押印が必要) 1通
(2)自賠責保険証明書 1通
(3)譲渡する方の意思が確認できる書類(売買契約書や譲渡する方の実印と印鑑証明書など) 1通

譲渡人の実印と印鑑証明を用いる場合には(1)の書類への譲渡人の押印も実印で行ってください。

補足:(3)の書類の準備が難しい場合、保険会社に相談してみましょう。
ある保険会社に確認したところ、以下のうちいずれか一点で代用可能とのお話を頂きました。

譲渡人の運転免許証
譲渡人の健康保険証
名義変更済みの「自動車検査証」(車検があるバイクの場合)
名義変更済みの「標識交付証明書」(原付など、車検がないバイクの場合)

バイクを渡す方が手続する場合

(1)自賠責保険(共済)承認請求書 1通(譲渡する人、譲渡される人双方の押印が必要)
(2)自賠責保険証明書 1通
(3)本人の確認書類(免許証、保険証など)

3必要書類をもって保険会社の窓口で手続き

郵送では手続きできません。実際に窓口に行く必要があります。

保険の対象になるバイクを変える(新しいバイクに乗り換えた)

この手続きは古いバイクを廃車し、その自賠責を新しいバイクに移す方法です。古いバイクと新しいバイクの排気量区分が同じで在る場合のみ、手続きが行えます。排気量区分は「125cc以下」「125cc超~250cc以下」「250cc超」の3つです。

1窓口を確認する

自賠責保険の変更手続きは、加入手続きを行った保険代理店ではなく、保険会社に直接依頼します。バイク販売店やネットでの手続きは行えませんので注意してください。保険会社は自賠責保険証に記載されています。連絡先も証券に記載されていますが、こちらから確認することも可能です。

2必要書類をそろえる

基本となる書類は以下の通りですが、保険会社により違いがありますので、事前に確認されてください。

(1)自賠責保険証明書
(2)印鑑
(3)ステッカー(車検のないバイク・原付自転車の場合)
(4)新しいバイクの内容が分かる書類
(5)古いバイクを廃車(返納)したことを証明する書類

125cc以下の場合には以下のうちいずれか1つ

軽自動車税廃車申告受付書
標職交付証明書(返納)
標識返納証明書または試運転番号標を返納したことが確認できる書類
解除事由証明書

125cc超~250cc以下の場合には以下のうちいずれか1つ

軽自動車届出済証返納証明書
軽自動車届出済証返納済確認書
解除事由証明書

250cc以上の場合には以下のうちいずれか1つ

自動車検査証返納証明書
輸出予定届出証明書
検査記録事項等証明書(返納記載あり)
解除事由証明書

3必要書類をもって保険会社の窓口で手続き

郵送では手続きできません。実際に窓口に行く必要があります。

スポンサーリンク

保険に記載されている名前を変える(結婚などで姓が変わった)

結婚などで、証券の氏名だけを変えたい場合の手続きです。結婚時の手続きはかなり多いので、自賠責の手続きは忘れがちになります。変更手続きを行わなくても、深刻な事態にはなりませんが、出来れば行った方が良いでしょう。

1窓口を確認する

自賠責保険の変更手続きは、加入手続きを行った保険代理店ではなく、保険会社に直接依頼します。バイク販売店やネットでは手続を行えませんので注意してください。保険会社は自賠責保険証に記載されています。連絡先も証券に記載されていますが、こちらから確認することも可能です。

2必要書類をそろえる

基本となる書類は以下の通りですが、保険会社により違いがありますので、事前に確認されてください。郵送での手続きが可能である場合も多いので、併せて確認されると良いでしょう。

(1)自賠責保険証明書
(2)改姓前と改姓後の両方の印鑑
(3) 改姓を証明する以下のいずれかの書類

運転免許証(変更済みのもの)
住民票
戸籍抄本

3必要書類を保険会社に提出

必要書類を保険会社に提出します。殆どの場合、郵送提出が可能です。

保険に記載されている住所を変える(転居した)

保険の内容も対象となるバイクも変更せずに、保険証券に記載されている住所だけを変える方法です。

1窓口を確認する

自賠責保険の変更手続きは、加入手続きを行った保険代理店ではなく、保険会社に直接依頼します。バイク販売店やネットでは手続を行えせんので注意してください。保険会社は自賠責保険証に記載されています。連絡先も証券に記載されていますが、こちらから確認することも可能です。

2必要書類をそろえる

基本となる書類は以下の通りですが、保険会社により違いがありますので、事前に確認されてください。郵送での手続きが可能である場合も多いので、併せて確認されると良いでしょう。

(1)自賠責保険証明書
(2)印鑑
(3) 登録番号や標識番号も変わる場合には、新しい登録番号や標識番号が確認できる書類

125cc以下の場合
保険証明書に車体番号の記載がある場合には、新しい原動機付自転車標識交付証明書。
保険証明書に車体番号の記載が無い場合には、新しい原動機付自転車標識交付証明書と古い原動機付自転車標識交付証明書のコピー。

125cc超~250cc以下の場合
保険証明書に車体番号の記載がある場合には、新しい軽自動車届出済証。
保険証明書に車体番号の記載が無い場合には、新しい軽自動車届出済証と古い軽自動届出済証のコピー、或いは軽自動車届出済証返納証明書

250cc以上の場合
保険証明書に車体番号の記載がある場合には、新しい自動車検査証或いは検査記録事項等証明書(現在証明書または詳細証明書)。
保険証明書に車体番号の記載が無い場合には、新しい自動車検査証および古い自動車検査証のコピー、あるいは検査記録事項等証明書(詳細証明書)

3必要書類を保険会社に提出

必要書類を保険会社に提出します。殆どの場合、郵送提出が可能です。

自賠責保険の登録番号を変える(バイクは変わらずナンバーだけが変更になった)

バイクは変更せずに、バイクのナンバーだけが変わった場合です。かなり珍しい手続きですが、以下の手順で実施できます。

1窓口を確認する

自賠責保険の変更手続きは、加入手続きを行った保険代理店ではなく、保険会社に直接依頼します。バイク販売店やネットでは手続を行えませんので注意してください。保険会社は自賠責保険証に記載されています。連絡先も証券に記載されていますが、こちらから確認することも可能です。

2必要書類をそろえる

基本となる書類は以下の通りですが、保険会社により違いがありますので、事前に確認されてください。郵送での手続きが可能である場合も多いので、併せて確認されると良いでしょう。

(1)自賠責保険証明書
(2)印鑑
(3) 変更後のナンバーが確認できる書類

125cc以下の場合
保険証明書に車体番号の記載がある場合には、新しい原動機付自転車標識交付証明書
保険証明書に車体番号の記載が無い場合には、新しい原動機付自転車標識交付証明書および古い原動機付自転車標識交付証明書のコピーなど

125cc超~250cc以下の場合
保険証明書に車体番号の記載がある場合には、新しい軽自動車届出済証
保険証明書に車体番号の記載が無い場合には、新しい軽自動車届出済証および古い軽自動届出済証のコピー或いは軽自動車届出済証返納証明書

250cc以上の場合
保険証明書に車体番号の記載がある場合には、新しい自動車検査証或いは検査記録事項等証明書(現在証明書または詳細証明書)
保険証明書に車体番号の記載が無い場合には、新しい自動車検査証および古い自動車検査証のコピー、あるいは検査記録事項等証明書(詳細証明書)

3必要書類を保険会社に提出

必要書類を保険会社に提出します。殆どの場合、郵送提出が可能です。

 

バイクを売るなら、自分に合った売り方で

バイクを売る先は「バイク販売店」「バイク買取専門店」「一括査定サイト」「専門オークション」「個人売買」など実に多くありますが、買取をどこに依頼するかで、買取の値段、かかる手間、要する時間、懸念されるリスクなど、全てが変わります先ずは自分に合った買取先を見つけましょう。それが満足できるバイク売却の第一歩です。

Twitterでフォローしよう

その他のヒント