本当に売れる? 事故バイク・不動バイク・故障バイク
スポンサーリンク

事故車、故障車、不動車等でも売ることは出来るのでしょうか。

事故車、故障車、不動車、どの状態であったとしても「もう決して使うことが無いバイク」を処分するのは面倒なものです。廃棄するにも廃棄業者への連絡や処分費の負担など、行わなくてはいけないことが何かと出てきます。

そうこうしているうちに、バイクはますます朽ちていき、既に鉄くずにすら見えるようになっているかもしれません。そのようなバイクは売れるのでしょうか?

貴方のバイクはどれ? 事故車・不動車・交渉車の違い
    • 事故車 : 事故などが原因で、フレームが破損しているバイク
    • 不動車 : 故障でも事故でもなく、放置したために動かなくなったバイク
    • 故障車 : エンジントラブルなど、機械的な問題で動かなくなったバイク

事故車・不動車・故障車何れでも売る方法はあります。ただし売る先によって価格が大きく異なります

特に事故車と故障車は「10万円で買う」という業者から「処分費が掛かる」という業者まで、査定額が大きく異なることが珍しくありません。

問題があるバイクを高値で売るには、出来るだけ多くの業者と交渉することが重要になります。

一方で処分費がかからなければ良いので、手間なく引き取って欲しいという場合には先ず複数の会社にその条件を伝え、対応してくれる会社を選ぶという手順を取ると良いでしょう。

スポンサーリンク

不動バイクを売る方法

不動車は、事故車、故障車、不動車の3種の中では、最も買取が期待できます。

不動車を売る場合に適した売却先は、普通に動くバイクを売る際と同じです。手間をかけてでも高値を狙いたいなら一括見積サイトを活用し、手間をかけずに納得できる値段で売りたいならバイク買取店を選んでください。

不動車は比較的安価に直し、中古車として売れる可能性があるからです。例えばバッテリーやプラグの寿命、キャブレターの詰まりなどは簡単な清掃や、部品交換で走行可能になります。

もし動かなくなって数か月しか経っていないバイクなら、普通の車両とあまり変わらない金額で売れる可能性が高いのです。

もしも動かない原因がバッテリーにあるなら、その交換費用分だけ買取価格が下がりますが、言ってみればそれだけの減額を覚悟すれば売れるのです。

しかし、不動車になって何か月も放置すると、バイクを動かさないことで新たな不具合が出てきます。特にサビは知らぬ間にバイクを蝕みます。サビが原因でネジが外せなくなったり、部品に穴が開いたりすると不動車ではなく故障車となり、買取価格が一気に下がります。

不動車は、1日も早く売却の手続きを取りましょう。

もしも「こんなバイク買ってくれるのか?」とご不安なら、以下の会社に依頼してみては如何でしょう?



買取のための修理は不要
バイクに故障や破損が有る場合でも、見積もり前に修理を行う必要はありません
バイク買取業者は一般価格よりも安くバイクを修理することが出来ます。 そのため見積もり前にかかるであろう修理代よりも安い金額でバイクを直せるのです。買取前に修理費をかけて少々買い取り額が上がったとしても、その上がり幅が、掛けてしまった修理費用を上回ることはありません。

故障車、事故車を売る

故障車と事故車の場合には状況が変わります。簡単な修理で直るのであれば良いのですが、破損の具合が深刻であったり、多数の部品が損傷を受けている場合には、修理費用が高くなりすぎてしまい、中古車として売れる価格を超えてしまうのです。こうなると業者は買取る意味がありません。

 

部品としての価値で買取価格は激変する

状態が深刻な故障車と事故車は、修理されるのではなく分解されて、部品ごとに分けて売られることになります。まだ使える部品として他の不動車や故障車の修理に用いられるのです。この手続きは業者にとって大変手間がかかります。なにせ、もともと1つであったバイクをわざわざ解体して部品ごとに販売するのですから。
バイク買取大手の経営者はこのような手間を好みません。同じ時間をかけるのであれば、もっと効率よく稼げることに社員の時間を使いたいと思うからです。

事故車と故障車を売るときには、この点を理解していなければなりません。つまりバイクを車両としてではなく部品として扱う会社を見つける必要があるのです。しかし事故車や故障車を買い取ってくれる会社、すなわち部品としての価値を認めてくれる会社をどのように見つければいいのでしょうか?

一括査定サイトを活用する

部品として検討してくれる業者を探すには、一括査定サイトが適しています。一括査定サイトとは、バイクを売りたいという情報を複数の業者で共有する仕組みです。

一括査定サイトの仕組み

ある特定のバイク、しかも故障車や事故車の買取を希望している業者を自分の努力で見つけるのは殆ど不可能ですが、一括査定サイトを使用すれば、簡単に見つけられます。上記の図のように多くの会社にバイクの情報が自動的に流されるからです。
このような一括査定サイトを用いると、登録するとすぐに多くのバイク店からの連絡が入り始めます。その対応と業者の選定を自分で行わなければならないことは覚えておいてください。

登録の際には事故車であること、故障車であることを正確に記載してください。そうすれば事故車・故障車対応できない業者を排除できます。

代表的な一括査定サイトは以下の5つです。

バイクブロス 提携先76社

アップル館林店、IBIZA Moto factory、 WITH ROAD、ウイニングラン、ウエストウッド井原商会、エキスパート、SACモータース、MCG福岡バイク買取センター、m-roadエムロード、エンデュランス下関店、オートショップ大久保、オートショップ金谷、オートショップ松岡、オートセンターヤマダ 知立店、AUTO VICTORY、オフバイクル、オメガワークス、カーセンター葵商会、カーチェンジA1 泉佐野店、GARAGE-J イオ、GARAGE 5、きゃぷてん、クワドリオート東海、ケーズバイク、KTM TOKAI、己斐オートバイセンター 廿日市店、ジャック京都南、Junk Yard、セラビィ スポーツブース、高田自動車、高田モータース、チェンジ、CHARGER、デイジーマーケット、トライアンフ埼玉南、ナカムラモータース、なんでも屋、長谷川輪業商会、原ホンダ、BVCバイク査定センター、バイク査定ドットコム、バイクの森 岡大前店、バイクワールド神戸、POWER’S FACTORY、広島オートバイ販売、PICKERS、Bike & Cycle Fujioka、オートショップホクリン、ホンダドリーム別府、モトガレージ渡辺、モトショップ ビート、moto SPAZIO モト・スパジオ、MOTO FACTORY VIP オオイ、モト・ロマン、屋野サイクル、ユーメディア、ライダーズドック、ナガツマ、リバースオート、ワークスサクライ、ワイザックス、アップル土浦学園東大通り店、オートショップフタバ、GARDENS MOTOR CYCLE、ガレージK&R、クワドリオート、グッドバイク、BIKESHOP TOPWAY本店、バイクエース、バイク王、バイク査定ドットコム、バイクボーイ、バイクランド、PROVIDE NEXT、ホットスタッフ、ロードコンパニオン

価格.com 提携先16社

チェンジ、SACモータース、クワドリオート、バイクランド、バイクボーイ、オメガワークス、MCG福岡バイク買取センター、原ホンダ、BIKE査定センター、バイク査定ドットコム、バイクエース、グッドバイク、エキスパート、アール・エス福山、きゃぷてん、PICKERS

モータートレード 提携先11社

バイク王、バイク査定ドットコム、バイク買取センター、バイクショップbreez、プロスタッフ モトきち、バイクボーイ、バイクランド、バイクショップロミオ、ホシキモータース、アール・エス福山、ドリームカンパニー

バイク比較.com  提携先7社

バイク王、SACモータース、バイクランド、バイク査定ドットコム、トライアンフ埼玉南、バイクボーイ、バイクエース

楽天オート 提携先7社

バイクエース、バイク査定ドットコム、バイク王、バイクボーイ、バイクランド、 アール・エス福山、BVCバイク査定センター
スポンサーリンク

多くの業者への対応を避けたいなら

「多くの業者と個別に交渉するのは面倒。」「妥当性のある価格であれば、高値でなくても良い。」と言うような場合には一括査定サイトではなく、独自店舗を展開する大手のバイク買取専門店への依頼がお勧めです。バイク買取専門店への依頼であれば、交渉相手が1社に限定されるので、多くの業者から連絡が入ることはありません。査定自体も相応の社員教育を受けたスタッフが対応することになるでしょう。
但し、その買取店が店舗展開をしていない場所では、提携会社のスタッフが代理対応することになるため、先ずは店舗を展開している地域を把握したうえで、依頼先を決める必要が有ります。

バイク買取専門店の支店開設状況

ブランド名店舗展開
北海道東北関東甲信北陸東海近畿四国中国九州沖縄
バイク王
レッドバロン-
バイクランド ----
バイクワン
------
バイクボーイ--------
バイクBOON
--------
バイクパッション---------
バイク買取センター----------

繰り返しとなりますが、1社への依頼となるとその会社が買取りたいと思わないバイクであった場合には買取価格がほとんど付かないかもしれません。もし少しでも高い価格を期待したいならば、複数のバイク買取専門店に声をかけるか、最初から一括査定サイトを選択することをお勧めします。

一括査定サイトの依頼先にもバイク買取専門店が含まれることが多いので、一括査定サイトとバイク買取専門店の両方に依頼を行う必要はありません。

高値を取るか? 手軽さを優先するか?

複数の業者との対応をこなしてでも高値での売却を行いたいのか、或いは値段が安くても手軽に処分したいのかで声をかける先を選ぶ必要があります。

残念ながら、手間がかからずに高値で売れるという業者に巡り合えるかどうかは、宝くじのようなものだと考えて下さい。

バイクを売るなら、自分に合った売り方で

バイクを売る先は「バイク販売店」「バイク買取専門店」「一括査定サイト」「専門オークション」「個人売買」など実に多くありますが、買取をどこに依頼するかで、買取の値段、かかる手間、要する時間、懸念されるリスクなど、全てが変わります先ずは自分に合った買取先を見つけましょう。それが満足できるバイク売却の第一歩です。

Twitterでフォローしよう

その他のヒント